けんちくブログ

けんちくコラム

高松工芸高校建築科のインターンシップ(2013年)

2013年6月21日


1-DSC07132.JPG

高松工芸高校建築科のインターンシップ

平成25年6月21日 高松工芸高校建築科のインターンシップ が行われ 4名の生徒さんが 弊社の 事務所や現場で 体験学習いたしました。


高松工芸高校建築科のインターンシップ

2012年6月22日

平成24年6月20-21日 高松工芸高校建築科のインターンシップ が行われ 4名の生徒さんが 弊社の 事務所や現場で 体験学習いたしました。



  2012-06-21-kougei-481.jpg

応急危険度判定士の認定 講習会

2011年10月31日

10月20日 応急危険度判定士の認定 講習会(更新講習)がありました。

今回の満員の講習会場は 過去の書換え講習にくらべ なんとなく緊張感が高かったように見受けられました。

 平成23年3月11日の大震災直後 には、 余震の続くなか 「二次的災害を防止し、被災建築物に対する不安を抱いている被災者の精神的安定のため」 おおくの建築士が困難を乗り越えて 応急危険度判定活動に当たられました。

 建築士の方々によって短期間に 9万8千棟以上もの建物の応急危険度判定が行われただけに 今回の講習は 講師 と 講習受講者のみなさん ともども とくに力が入ったように 私には感じられました。

こうした応急危険度判定が講習と訓練だけですんで 実際の判定など 今後ないことを せつに祈ります。
が 阪神淡路、東日本大震災の教訓などから 万が一の まさかのまさかに 備えて日頃から準備だけは しっかりしておくことは大切で、「備えあれば憂いなし」です 。

http://www.kenchiku-bosai.or.jp/jimukyoku/Oukyu/Oukyu.htm
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/

2011-10-20-480_0133.jpg
2011-10-20-480_0126.jpg

香川県農業試験場 平成23年10月1日 開場式

2011年10月22日

20111001-276.jpg

平成23年10月1日 香川県農業試験場 の 開場式がありました。


初代 明治32年(1899)香川県農事試験場を香川郡栗林村(現・高松市花ノ宮町)に創設
2代目 昭和5年(1930)本場を高松市仏生山町に移転
3代目 平成23年(2011)本場を綾歌郡綾川町に 移転

長い間には 試験場の周辺は 都市化し 大きく変化、そのうえ 農業を取り巻く環境も 変わってきています。
 
そうしたなかで その土地 風土に見合った 農産物の改良など
長い時間をかけて じっくり 取り組まなくては できないものです。

たとえ 環境は変わっていっても 農業は 長い歴史と 蓄積を踏まえて できていると 深く かんじました。

香川県農業試験場 平成23年10月1日 開場式
http://youtu.be/TaQbyhso3mw



屋根の上にあるものは?

2011年10月13日

2011-08-07_0118roof.jpg

屋根の上にあるものは?

南国四国でも ここ 四国山地の 奥深い山里では 「雪国仕様」の屋根をみかけます。

建築は その土地の気候風土に しっかり根ざしている という証拠でしょう。
2011-08-07_0114roof.jpg